売掛金 取り立て 方法

  • 売掛金回収の期限について

    取引先の売掛金は、時効にかかることがあります。売掛金は、取引先に販売した商品・サービスの対価として取引先が支払うものですが、これは時効により、5年間行使しないと消滅します(民法166条1項)。売掛金の発生は通常、商品を納品もしくはサービスの提供を完了したときに発生しますから、そこから数えて5年以内に行使することが...

  • 離婚問題を弁護士に相談するメリット

    「離婚を検討しているが、どのような方法で離婚するのが適切なのだろうか。「離婚に伴う財産分与については、具体的にどういった計算方法で行えばよいのだろうか。離婚を検討されていらっしゃる方のなかには、こうしたお悩みをお持ちの方は数多くいらっしゃいます。 このページでは、法律トラブルに関する多くのキーワードのなかから、離...

  • 債権回収を弁護士に依頼するメリット

    取引先への売掛金や貸付金等で、支払いが滞納されていたり、うやむやにされてしまっていることがあると思います。債権を放置すると、民法の時効規定にかかり消滅し、い回収不能になってしまいますし、また時間の経過とともに証拠が見つかりにくくなり、泥沼化することもありますから、なるべく早期に対応することが望ましいです。もっとも...

  • 現在の住所が不明な場合の対応方法

    方法の1つ目は、旧住所から探す方法です。以前の住所地のある自治体に、弁護士に認められた「23条照会」という弁護士会を通じた情報開示請求を利用して住民票を見せてもらうことで、現在の住所地が明らかになります。 方法の2つ目として、電話番号がわかれば、23条照会で、携帯電話会社に対して住所を開示してもらうことができます...

  • 仮差押と差押の違い

    取引先への売掛金や貸付金等で、支払いが滞納されていたり、うやむやにされている債権があったら、それは放置せずに、早めに対応することが重要です。これらの債権を放置すると、消滅時効にかかってしまい回収不能になる可能性もあるからです。また、会社の財政状況などから、早めに回収したいこともあると思います。 債権を確実に、そし...

  • 就業規則の重要性とは

    また就業規則には絶対的必要記載事項というものがあり、休憩時間や賃金の決定・支払方法、昇給、退職、制裁などを記載することが法律で義務づけられています。また、就業規則には周知義務(106条1項)があり、労働者が容易に認識しうる状態に置く必要があります。これにより作業場の見やすい場所への掲示・備付、書面交付などの方法を...

  • 企業コンプライアンスとは

    「現在コンプライアンス徹底のために社内研修を実施しているが、より効果的な方法はなにかあるだろうか。企業コンプライアンスについて、こうしたお悩みをお持ちの方は数多くいらっしゃいます。 コンプライアンスとは、一般に「法令遵守」と訳される言葉です。コンプライアンスという言葉が用いられる対象としては、主に企業コンプライア...

Knowledge基礎知識

Keywordよく検索されるキーワード

Lawyer弁護士紹介

山田和哉弁護士
専門家名

山田 和哉(やまだ かずや)

所属

大阪弁護士会

大阪弁護士会遺言相続センター運営委員会副委員長

略歴

甲陽学院高等学校 卒業

京都大学法学部 卒業

神戸大学法科大学院 修了

資格

ファイナンシャルプランナー(AFP)認定者

日商簿記3級

式森達郎弁護士
専門家名

式森 達郎(しきもり たつろう)

所属

大阪弁護士会

略歴

関西学院大学高等部 卒業

関西学院大学法学部 卒業

大阪大学高等司法研究科 修了

総務省 行政管理局 公共サービス改革推進室 任期満了

Office事務所概要

事務所内観

事務所内観

事務所名 法律事務所プリウス
所在地 〒530-0047 大阪市北区西天満5丁目1-9 大和地所南森町ビル4階
TEL 06-6360-9824
FAX 06-6360-9823
対応時間 9:00~18:00 ※時間外対応可能(要予約)
定休日 土・日・祝 ※休日対応可能(要予約)