ハラスメント 職場 対応

  • 労働者(従業員)側の労働問題を弁護士に相談するメリット

    職場の人間関係や、会社から残業代を支払われていない、労働組合活動をしたら嫌がらせを受けた、家族の介護があるのに遠くに転勤させられそうだ、上司からセクハラ・パワハラを受けている、理不尽な理由で解雇されてしまった、など、様々な局面で労働問題や労働環境のお悩みを抱えた方が多くいらっしゃいます。法律上、労働者と使用者は対...

  • 問題社員の退職勧奨・解雇について

    これらは、その社員にどれくらいの問題があったか、会社側の対応プロセスに問題がなかったかなどから判断されます。 しかしこの判断は大変厳しいものとなっています。例えば、タクシー運転手が免許を喪失し、業務に付けなくなったとしても、他の職種(事務作業など)に就業することは可能であるとして、解雇を無効とした判決や、ラジオの...

  • 従業員によるハラスメント防止と対応方法

    職場におけるいじめや嫌がらせをハラスメントといいます。ハラスメントには、性的言動によるセクシュアル・ハラスメント(セクハラ)、妊娠・出産に関わるマタニティ・ハラスメント(マタハラ)、職務上の地位・権限を濫用して行うパワー・ハラスメント(パワハラ)など様々な種類があります。 性的要求や飲酒強要などに応じなかったこと...

  • 企業法務の仕事内容について

    臨床法務とは、会社で発生した法的なトラブルに対応する企業法務の役割をさします。臨床法務には、企業間訴訟の対応や、社内で発生したハラスメントに対する対応などが該当します。 二つ目は、予防法務です。予防法務とは、会社で法的なトラブルが発生しないようにする企業法務の役割をさします。予防法務には、契約書の作成やリーガルチ...

  • 交通事故問題を弁護士に相談するメリット

    交通事故をはじめとして、相続、離婚、不動産トラブルなど個人の方からのご相談、労働問題、債権回収、契約書のリーガルチェックなど法人の方からのご相談に対応しております。交通事故についてお悩みの方は、法律事務所プリウスまでどうぞお気軽にご相談ください。

  • 離婚問題を弁護士に相談するメリット

    財産分与や養育費の算定、調停に向けた書類の作成など、専門的知識を利用して弁護士が対応いたします。プライベートな問題だと一人で抱え込まず、法律の専門家である弁護士にご相談ください。 法律事務所プリウスは、大阪府大阪市を中心に大阪府はもちろん、尼崎市、西宮市、芦屋市、神戸市など兵庫県にお住まいの皆様からのご相談を承っ...

  • 債権回収を弁護士に依頼するメリット

    債権を放置すると、民法の時効規定にかかり消滅し、い回収不能になってしまいますし、また時間の経過とともに証拠が見つかりにくくなり、泥沼化することもありますから、なるべく早期に対応することが望ましいです。もっとも、会社では取引先が重要な顧客であることもあり、穏便に済ませたいと思っている方も多いですし、また法的措置は物...

  • 仮差押と差押の違い

    取引先への売掛金や貸付金等で、支払いが滞納されていたり、うやむやにされている債権があったら、それは放置せずに、早めに対応することが重要です。これらの債権を放置すると、消滅時効にかかってしまい回収不能になる可能性もあるからです。また、会社の財政状況などから、早めに回収したいこともあると思います。 債権を確実に、そし...

  • 顧問弁護士がいるメリット

    企業法務をはじめとして、労働問題、債権回収、契約書のリーガルチェックなど法人の方からのご相談、離婚や相続、交通事故、不動産トラブルなど個人の方からのご相談に対応しております。企業法務についてお悩みの方は、法律事務所プリウスまでどうぞお気軽にご相談ください。

  • 契約書の作成・リーガルチェックの重要性

    「契約書の更新に合わせ、リーガルチェックを行いたいが、社内で対応できる人材がおらず困っている。契約書の作成やリーガルチェックについて、こうしたお悩みをお持ちの方は数多くいらっしゃいます。 このページでは、企業法務に関する多くのキーワードのなかから、契約書の作成やリーガルチェックに焦点をあて、ご説明してまいります。...

  • 企業コンプライアンスとは

    コンプライアンスの徹底は、不正を未然に防ぐ予防策として機能させるだけではなく、不正な事態があった際に適切な対応を取ることを可能にするためにも重要なのです。 しかしながら、コンプライアンスという言葉だけを耳にしても、どういった対応を進めればコンプライアンスを徹底できるのか分からないという方も多いでしょう。社内でのコ...

  • 予防法務とは

    臨床法務とは、会社で発生した法的トラブルに対応する企業法務の役割をさし、訴訟やクレーマーへの対応、労働紛争への対応などが臨床法務にあたります。二つ目が、予防法務です。予防法務とは、会社で法的なトラブルが発生しないように対応する企業法務の役割をさします。三つ目が、戦略法務です。戦略法務とは、法律や法的な枠組みを企業...

  • 株主総会の対応

    こういった様々な株主からの権利行使に対して,会社としても適切に対応する必要があります。さらには,株主総会は一般的に代表取締役が議長となって進行しますが,議事を適切に整理するためには,法的なバックアップが欠かせません。 また,家族経営の小規模の株式会社などにおいても,特に役員の選任・解任を適切な手続で行わなかった場...

  • 社員のコンプライアンス違反への対応

    社員によるコンプライアンス違反の代表的なものとしては,横領や情報漏洩,ハラスメント,安全義務違反,等が挙げられます。こういった事態の発生を防止するために,就業規則や各種規定を整備して社員の行動規範を明らかにするほか,相談窓口を設けるなどといった事前の対策を行う事で,問題の発生や拡大を未然に防ぐことができます。 

Knowledge基礎知識

Keywordよく検索されるキーワード

Lawyer弁護士紹介

山田和哉弁護士
専門家名

山田 和哉(やまだ かずや)

所属

大阪弁護士会

大阪弁護士会遺言相続センター運営委員会副委員長

略歴

甲陽学院高等学校 卒業

京都大学法学部 卒業

神戸大学法科大学院 修了

資格

ファイナンシャルプランナー(AFP)認定者

日商簿記3級

式森達郎弁護士
専門家名

式森 達郎(しきもり たつろう)

所属

大阪弁護士会

略歴

関西学院大学高等部 卒業

関西学院大学法学部 卒業

大阪大学高等司法研究科 修了

総務省 行政管理局 公共サービス改革推進室 任期満了

Office事務所概要

事務所内観

事務所内観

事務所名 法律事務所プリウス
所在地 〒530-0047 大阪市北区西天満5丁目1-9 大和地所南森町ビル4階
TEL 06-6360-9824
FAX 06-6360-9823
対応時間 9:00~18:00 ※時間外対応可能(要予約)
定休日 土・日・祝 ※休日対応可能(要予約)