法律事務所プリウス > 債権回収に関するキーワード > 取引先 倒産 未払い金 支払い

取引先 倒産 未払い金 支払い

  • 取引先が倒産…未回収の債権を回収できるか?

    取引先倒産してしまった場合に、取引先に対する未回収の債権が回収できなくなることで自社が連鎖的に倒産してしまう可能性もあります。このような自社への影響を避けるためにも、取引先に対する未回収の債権をできる限り回収する必要があります。ただ、実際には、そのような状況に陥ってからの債権の回収は困難であるケースがほとんどで...

  • 債権回収を弁護士に依頼するメリット

    取引先への売掛金や貸付金等で、支払いが滞納されていたり、うやむやにされてしまっていることがあると思います。債権を放置すると、民法の時効規定にかかり消滅し、い回収不能になってしまいますし、また時間の経過とともに証拠が見つかりにくくなり、泥沼化することもありますから、なるべく早期に対応することが望ましいです。もっとも...

  • 債権回収の方法と流れ

    次に、取引先に直接、電話をかけたり面談したりして、支払いを促します。ここまではご自身でやっている方も多いと思うのですが、弁護士が介入することで、相手側に対して回収の姿勢が本気であることを見せることができるため、この段階で回収できる可能性も高まります。 その次に取る手段としては、弁護士が内容証明郵便で支払いの催促を...

  • 仮差押と差押の違い

    取引先への売掛金や貸付金等で、支払いが滞納されていたり、うやむやにされている債権があったら、それは放置せずに、早めに対応することが重要です。これらの債権を放置すると、消滅時効にかかってしまい回収不能になる可能性もあるからです。また、会社の財政状況などから、早めに回収したいこともあると思います。 債権を確実に、そし...

  • 相続問題を弁護士に相談するメリット

    知人や親族を呼んでの通夜や葬儀、法要などの行事や、各種金融機関や取引先への連絡、死亡届の提出等の各種手続などやらなければいけないことが多く、心労に加えてかなりの負担がかかります。そして、相続は最後の関門といえるものです。専門的で難しく、親族間でお金について話し合わなければならず、また期限もあるため大変な手続のひと...

  • 売掛金回収の期限について

    取引先の売掛金は、時効にかかることがあります。売掛金は、取引先に販売した商品・サービスの対価として取引先が支払うものですが、これは時効により、5年間行使しないと消滅します(民法166条1項)。売掛金の発生は通常、商品を納品もしくはサービスの提供を完了したときに発生しますから、そこから数えて5年以内に行使することが...

  • 企業コンプライアンスとは

    個人による企業の不正の告発がSNSを通じて行われた場合には、社内の自浄作用が機能していないと疑われ、取引先を含めた信用問題にまで発展するかもしれません。コンプライアンスの徹底は、不正を未然に防ぐ予防策として機能させるだけではなく、不正な事態があった際に適切な対応を取ることを可能にするためにも重要なのです。 しかし...

  • 自社の知的財産権が侵害された場合

    そのゲームを開発したB社はA社に対して損害賠償の請求を行い、A社は支払いを命じられました。他にも、意匠権を取得したオートバイの模倣品を他社が販売する、某有名コーヒーチェーンの外観を他社が模倣するといったように、知的財産権が侵害された事例は決して少なくありません。こういった知的財産権の侵害に対して取りうる手段として...

  • 残業代を請求されたときの対応について

     残業代の請求が裁判で争われる場合には、さらに遅延損害金や、悪質な場合は制裁として未払給与と同額の付加金の支払いを命ぜられる場合もあります。  残業代を巡る訴訟においては、従業員の労働時間がどれくらいであったのかが大きな争点となります。タイムカードにより時間管理をしている事業所が多いと思いますが、タイムカードの記...

  • 大阪で交通事故問題にお困りの方へ|弁護士に相談する時期について

    もっとも、加害者による金銭の支払いは必ずしも訴訟において認められる必要があるわけではなく、加害者との間の示談によって支払われる場合もあります。訴訟を提起すると、訴訟費用がかかるほか、時間や労力がかかるため、示談で満足のいく結果が得られるのであれば、示談をまずは検討するべきといえます。 では、一連の紛争解決を図るべ...

Knowledge基礎知識

Keywordよく検索されるキーワード

Lawyer弁護士紹介

山田和哉弁護士
専門家名

山田 和哉(やまだ かずや)

所属

大阪弁護士会

大阪弁護士会遺言相続センター運営委員会副委員長

略歴

甲陽学院高等学校 卒業

京都大学法学部 卒業

神戸大学法科大学院 修了

資格

ファイナンシャルプランナー(AFP)認定者

日商簿記3級

式森達郎弁護士
専門家名

式森 達郎(しきもり たつろう)

所属

大阪弁護士会

略歴

関西学院大学高等部 卒業

関西学院大学法学部 卒業

大阪大学高等司法研究科 修了

総務省 行政管理局 公共サービス改革推進室 任期満了

Office事務所概要

事務所内観

事務所内観

事務所名 法律事務所プリウス
所在地 〒530-0047 大阪市北区西天満5丁目1-9 大和地所南森町ビル4階
TEL 06-6360-9824
FAX 06-6360-9823
対応時間 9:00~18:00 ※時間外対応可能(要予約)
定休日 土・日・祝 ※休日対応可能(要予約)